信用取引の種類

信用取引の種類

信用取引は「信用買い」「信用売り」の2種類があります。
以下この2種類に分けてご説明をします。

1.信用買い・・・自己資金の3倍までの株を買うことができる。
例えば、50万円の株を買いたいが、口座に30万円しか預けていなくても信用取引で買うことができます。

 信用買いした株は通常6ヶ月以内の期間内に株を売って借りたお金を返済するか、株を買った時の金額のお金を支払うことで自分の株にする必要があります。

信用買いでかかる
コスト   
売買手数料 証券会社が決めた売買の手数料を支払う
買い方金利 証券会社に立て替えてもらっているお金の金利。
約2%(土日もかかる)
例:100万円の信用買いをすれば1日当たり約50円
管理費 1ヵ月後からかかる。
1000株単位の場合1000株当たり105円、1株単位の場合1株105円
名義変更料 権利確定日と権利落ち日をまたいだ場合には52.5円支払う
信用買いでもらえる
お金 
逆日歩 信用売りをする人に貸す株が足りなくなった時に、信用買いをしている人に信用売りをしている人からもらえるお金
配当落調整額 権利落ちを迎えた場合にもらえる配当分を証券会社より配当としてもらえるお金

2.信用売り・・・証券会社より株を借りてできるだけ高く売り、安く買い戻すことでその差額が利益になる
         
 例えば証券会社より借りた株を60万円で売り、40万円の株価になったときに40万で株を買い戻すことで20万円の儲け。

信用売りをした株は買い戻して返却する方法と保有する同銘柄の株を引き渡す必要がある。
信用売りでかかるコスト 売買手数料 証券会社が決めた売買の手数料を支払う
貸株金利 証券会社に借りた株の借り料。
約1%(土日もかかる)
例:100万円の信用売りをすれば1日当たり約30円
管理費 1ヵ月後からかかる。
1000株単位の場合1000株当たり105円、1株単位の場合1株105円
逆日歩 信用売りをする人に貸す株が足りなくなった時に、信用買いをしている人に信用売りをしている人が払う金
配当落調整額 権利落ちを迎えた場合に配当金相当額を支払う。
信用買いでもらえるお金  信用取引金利 信用売りを売却して得た現金は証券会社があづかりその金利が信用売りしている人に支払われる。しかし現在金利は0%。





関連リンク

注目

     
        
WWW を検索
当サイトを検索
     
SEO [PR] ܂Ƃ߃[ Windows7 ₦΍ f ^T[o[ Cu`bg SEO