生命保険を比較

生命保険を比較


生命保険に加入する時とりあえず月収の5%~10%保険料のプランに加入をすすめられていませんか?

実は私はそうでした。でも、これは大きな間違いです。
そもそも考えてみると生命保険はその人の月収でプランが決定するものではないからです。
生命保険は「病気や怪我などの万が一に備えるための保険。」→予期しない出来事・出費で”金銭的に”生活が急激に悪化するのを防ぐ役目です。
ですから、とりあえず月収でプランが決定した人は見直す必要があるのです。

また、結婚や出産により家族の人数が変化したなどライフプランに変化した時には必要な保険金額も変化しますので見直す必要があり、個々人でプランに違いがあるのが普通なのです。
これらプランの設計がうまくいかないとせっかく大金を払っていたのに必要な保険がおりなかったなどの問題が発生しますのでこの機会に保険の見直しをしてみてください。


生命保険の種類


種類 概要
定期保険 保険期間があり、契約期間内に起きた事由のみ保険が支払われる。他の保険と比較すると少ない掛け金で保障を受けることができるが貯蓄性はなく、満期日を迎えると以降は保障が受けられない。
終身保険 保険料を一定期間払うと一生保障があるタイプと一生払い一生保障を受けることができるタイプがある。解約時には解約返金が支払われたり、毎年配当などを受けることもできる。
養老保険 保険料の支払い途中で死亡した場合でも保険金が支払われたり、満期日まで生きていても同額の保険金を受けることができる。しかし、利回りの低い現在ではあまり貯蓄性はない。


必要な保障額は人それぞれ


適切な生命保険に加入するには「その人にあった保険に入る」ことになります。一見簡単なようですが個々人でその内容に差異が生じるため選ぶのが困難です。
そこでまず、たくさんある特約から選ぶより生命保険の柱となる「死亡保障」と「入院保障」をチェックしましょう。それから特約など付加的なものを必要なものだけ選ぶことで困難な保険選らびも楽になります。
以上を踏まえ、保険を選ぶ際のチェックポイントを見てピッタリあった保険に加入してください。

    

チェックポイント

    

①死亡保障は十分?    

まず、不幸にもなくなってしまった場合にかかる料金を求め、その料金に保障額が満たされているか計算してみましょう。

計算式
遺族の生活費や教育費-死亡保障(葬式代 + α)
    

②保障期間は大丈夫か    

生命保険には一生涯保障を受けられる「終身保険」とその期間中のみ保障が受けられる「定期保険」があります。
幼い子供がいる家庭などでは十分な保障を必要とするため、多少保険料が高くてもこの時期は十分な「定期保険」を選択してお子さんが大きくなった際には多少保障額を低くするなどの考慮が必要です。
若い時期より高い保険料の「終身保険」を選ぶ方法があまりおすすめできません。

③不要な保険に加入していないか
特約など付加的保障を別料金でつけられたりしますが、この際貯蓄と保障が別と考え、高い保険料の積立型保険の保険料を利率の高い貯蓄に回していったほうがいいと考えます。
特約は必要なものだけを選ぶことにします。

④新しい保険に加入してから前の保険を解約
無保険期間をつくらないように、新しい保険期間が開始したのを必ず確認してから前の保険を解約してください。

保険料一括見積もり

 
いくつかの生命保険会社に簡単に保険料の見積もりをだすことができます。
何社かの保険プランを比較して検討する事ができますのでご自身の必要とする保険プランが見つかる可能性が高くなると言うのがこの保険一括見積もりの最大の利点です。
いずれも無料ですので、各保険会社の保険料、保険商品を比較してご自身にピッタリな保険選びに活用して下さい。

  

『ウェブクルー 生命保険一括資料請求』



保険を見直したいがどうしたらいいか全く分からない人でも簡単にぴったりな保険が選べます。例えばライフシーン別に必要な保険料額、専門家のコメントも見れます。例えば・・・
 
 独身男性の場合
 保険料総額(月額):10,596円
 病気やケガに備えて医療保障をメインに、一生涯の保障。

と言った具合に自分のライフシーンでどのくらいの保険料をかければ充分かなのかが簡単にわかります。
また、必要な保障額も年齢・性別・収入を入力することで簡単で計算できます。

保険会社一覧
①アメリカンファミリー生命
②アリコジャパン
③東京海上日動あんしん生命
④三井住友海上
⑤あいおい損保
⑥セコム損保 
⑦損保ジャパンひまわり生命

など最大15社の保険を簡単に一括請求できます。 
『保険マンモス』

  どのくらいの保障が必要なのかなかなか難しいのですが、このサイトを利用して図表・イラストでライフスタイルや年齢別に条件を指定していくと簡単に保険のことがわかっていきます。その上で無料相談の申込みをして専門家の意見をきくとよいでしょう。

           
     


関連リンク

注目

     
        
WWW を検索
当サイトを検索
     
SEO [PR] ܂Ƃ߃[ Windows7 ₦΍ f ^T[o[ Cu`bg SEO