証券会社比較

 株を売買するには、証券会社に手数料を支払って売買をしなければなりません。株の初心者としてやっぱり気になるのがこの手数料です。
 まずは、その手数料にどのようなものがあるのかを説明します。

手順 料金名 概要
①口座を開く 利用料 無料の証券会社がほとんど
②代金を入金 振込手数料 顧客支払い
③株を買う 売買手数料 証券会社により異なる
④保有期間 口座管管理料 株を保有してるだけでもかかる所がある
⑤株を売る 売買委託手数料 証券会社により異なる
⑥口座に入金される 振込手数料 証券会社が負担するところが多い

 以上のような手数料を証券会社に支払わなければなりません。
 そこで、実際に各証券会社の手数料比較表を作成しましたので参考にして下さい。

 おすすめは、手数料が安く口座会員数の多い「SBI証券」がおすすめです。

証券会社口座管理料新規公開
(IPO)
代金別「指値」売買手数料
50万円100万円
SBI証券 なし272487
松井証券なし5001000
GMOクリック証券なし×241436
楽天証券なし341609
マネックス証券なし4501500
カブドットコム証券なし540990
丸三証券なし0.1%0.1%
※2014年4月1日現在の税抜き手数料(上記金額に消費税が加算されます)

 

※「成り行き注文」=売買希望価格を示さないでいくらでもいい場合の注文
 「指値注文」  =指定した価格(=指値)より低ければ売買成立してもいい場合の注文


  私が証券会社の口座を複数持っている理由は、「IPOの抽選」ねらいなのですが、その他、以下のような証券会社ごとのサービスの特性をいかし、それぞれ活用しています。
 また、IPOの抽選に申し込むためには抽選時に資金がその証券口座に用意されていなければならないため、あまり元々の資金がない私の場合、資金の出し入れを頻繁に行っております。
 そのような資金の出し入れも通常は手数料分は差し引かれてしまいますがジャパンネット銀行に口座を持っていれば無料で資金の出し入れができますのでぜひジャパンネット銀行の口座も用意しておいて下さい。

 

なお、キャンペーン中のものは以下のサイトより口座を開設しないとキャンペーン対象にならないものもございますので、当サイトから各証券会社へのサイトへ移って口座開設を行ってださい。



SBI証券 手数料が他の証券会社より安いため主に頻繁に売買をくりかえしたい時に使用。
また銘柄選びに役に立つ「スクリーニング」と呼ばれる機能が無料で使えるので重宝しています。
口座を持っているだけで「四季報」、株式新聞速報ニュース(ただし10分遅れ)、モーニングスター社の評価レポートが無料で見れるので便利!

【入出金手数料】
入金 ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、 みずほ銀行、三井住友銀行、スルガ銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、楽天銀行が無料
出金 無料


松井証券 10万円以下の銘柄は手数料無料のため10万円以下の銘柄の売買を行っています。10万円以下の銘柄でも上昇すると5千円位の利益が結構でますので細かく利益確定をしながら楽しんでいます。

ネットストック・ハイスピード(無料)
リアルタイムな情報画面と、ダブルクリック注文発注・約定確認画面が一体となった、新世代のトレーディングツールです。これまで、機関投資家などのプロのディーラーが利用していたのと同等の投資環境を、松井証券の会員の方すべてに無料で提供。

【入出金手数料】
入金 ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、 みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行が無料
出金 無料


GMOクリック証券 発注機能がとても簡単になっています。
PCのタスクトレイにしまったままの状態で、必要に応じて「注文」ボタンを押せば発注発注画面がすぐに起動できます。
いくつかの発注画面を起動させることができるので、売買2つの画面を起動させ、価格などの条件を入力しておけばすばやい利益確定ができます。

【入出金手数料】
入金 ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、 みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行が無料
出金 無料

楽天証券 手数料の1%を楽天ポイントとして楽天でショッピング可能。
また、楽天の有料ツールとして評判の高い「マーケットスピード」が口座開設後3ヶ月無料。
いちにち定額コースでは片道分の約定代金が無料。
創業15周年キャンペーン実施中!1000名様に、楽天スーパーポイント 10,000円分が当たります。
キャンペーンの条件は、以下のいずれかをクリアすれば大丈夫です。
期間:2014年4月1日10:00~2014年5月30日9:59
(1) 10,000円入金(MRFお買付け)
(2) 投資信託の買付(ノーロード投信含む)10,000円以上の申込み
(3) お取引手数料(税抜き)合計500円以上を達成
(4) 楽天FX20万通貨以上のお取引の達成

「いずれか」なので1つでOKです。
(1)の 10,000円入金が簡単ですね!

【入出金手数料】
入金 ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、 みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行が無料
出金 無料

マネックス証券 この会社は多彩な購入方法が用意されているの特長です。
●例えば、日中市場にはりついて見る事ができない人のために、株価が指定した価格以下になったら「売り」、指定した価格以上になったら「買い」という条件を設定できる注文方法などがあります。予想外の株価の動きにも安心して自動で利益の確定ができます。日中にお勤めのサラリーマンなど市場を見ることができない人におすすめです。
「貸株サービス」もとてもお得です。株券をマネックスに貸出すと金利分がもらえるサービスです。 貸株サービスご利用中は『金利』を受け取れるうえ、これまでどおり自由に売買できるため、『値上がり益』を享受できる他、『配当金相当額』も受け取ることができます。
例:500万円分の株券で1ヶ月542円がもらえる(利率0.13㌫適用した場合)



【入出金手数料】
入金 ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、 みずほ銀行、三井住友銀行、スルガ銀行、ゆうちょ銀行が無料
出金 無料

カブドットコム証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が主幹事となっている銘柄では、IPOの割当が回ってくるのでIPO狙いでも口座を開設しておきたい証券会社。

また、あまり知られてませんが毎月25日時点で、カブドットコム証券の株式を保有していれば現物株式手数料を最大15%割引(保有株数と保有期間に応じて割引率が決定)。


【入出金手数料】
入金 三菱東京UFJ銀行
出金 三菱東京UFJ銀行




関連リンク

SEO [PR] ܂Ƃ߃[ Windows7 ₦΍ f ^T[o[ Cu`bg SEO