廃車にする

廃車を決断

そろそろ車を買換えようかなと思ったときに困るのが現在乗っている車です。
まだ、年式も新しいのならいいが、年式が古くて沢山走っている車をどうするか悩まれると思います。
悩むならまず、中古車査定に出してください。
値段がつけばラッキーです。
値段がつかないとの返答だったらそこで初めて廃車を決断してください。
この値段がつかない状態でディーラーや中古車販売店で下取りを出した場合、無料で下取りをしてくれるなら良いのですが、下取り費用などと言って逆に費用を取られる場合もあるので注意が必要です。
  

廃車

  

廃車にするためには、手続きが必要です。
この手続きを行わないと税金の請求がずっとあなたの所に来てしまいます。

手続きには、『永久抹消登録』と『一時抹消登録』の2種類があります。

種類 概要
永久抹消登録 陸運局で廃車手続きを行い、永久に乗らないようにする手続きです。永久抹消登録といいます。車検が残っており廃車にする場合には車検の残り期間により『自動車税』が返還されます。
ローンが残っている場合には、所有者が販売店やクレジット会社になっているためローンを払い終えてから、所有権解除の手続きを行い、廃車の手続きをしなければなりません。
一時抹消登録 なんらかの理由で長期間自動車を使用しない場合にこの手続きを行えば、税金の支払いを止めることができます。
この手続きもローンが残っている場合には、所有者が、販売店やクレジット会社になっているためローンを払い終えてから、所有権解除の手続きを行い、廃車の手続きをしなければなりません。

廃車に必要な書類

以下の書類を持って運輸支局または検査登録事務所へ行く。
申請書は運輸支局または検査登録事務所で取得でき、書き方のサンプルも置いてあるので書くのは簡単です。 
   ①車検証(自動車検査証)
   ②ナンバープレート
   ③印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
   ④実印
   ⑤申請書(管轄の運輸支局で取得)
   ⑥解体証明書(解体業者から取得)
   ⑦自動車税・自動車取得税申告書
    (自動車税事務所で取得)
   ⑧リサイクル券

自賠責保険が返ってくる

廃車をした場合1ヶ月以上保険期間が残っていれば自賠責保険が返還されるので契約している保険会社に必要書類を持って手続きを行います。

①登録事項証明書のコピー
②自賠責保険書の原本
③印鑑
④振込み口座通帳

もっと手軽な廃車方法

もっと手軽に廃車ができる方法があるので紹介します。

それは、車の廃車業に引き取ってもらう方法です。

廃車引き取りをしてくれ、その後の廃車手続きなども全て行ってくれるので手間がかかりません。もちろん上で紹介した自賠責保険の返還もできます。
車検切れ・事故車・不動車でも引き取り可能です。
中にはディーラーで引き取りに3万円かかると言われた車が無料で引き取り可能となる場合もありました。
最近では自動車に使われる鉄の料金も上がって価値があるのでスクラップにして鉄の原料としてリサイクル処理を行えるのです。

廃車になるクルマの参考として一例をあげると
・初度登録から12年以上経過(平成6年登録以前)した車両で且つ
・走行距離が10万キロを大きく超えているクルマ。
・走行が不可能なクルマ。
廃車例: 年式:1993年式 走行:167,000Km
車種:カリーナ 、色: ワインレッド

引取証明書はちゃんともらいましょう


自動車リサイクル促進センターでは廃車にした車の処理状況をホームページから簡単に確認することができます。
自動車リサイクル法により車を廃車にした場合、業者から「引取証明書」を受け取ることになっていますが、中にはこの証明書を渡さずに中古車として転売する業者も中にはいます。そこでこのホームページから廃車にした自分の車がちゃんと廃車されたかが確認できるのです。
見積もりだけは無料ですし、程度がよければ廃車をせずに買取をしてくれる業者や無料で廃車をしてくれる業者もありますので是非ためしてみてください。

 

中古車情報誌で有名なカーセンサーの廃車検索サービスです。
全国の廃車引取り店舗を検索し、依頼も可能です。


関連リンク

注目

     
        
WWW を検索
当サイトを検索
     
SEO [PR] ܂Ƃ߃[ Windows7 ₦΍ f ^T[o[ Cu`bg SEO