ドライブレコーダー

ドライブレコーダーとは

 ドライブレコーダーとは、車載用のカメラのことです。よくタクシーについています。このドライブレコーダーを取り付けることで、万が一事故にあった時にとても大きな役割をしてくれるのです。

ドライブレコーダーの役割

 例えば、あなたが車を運転中に交差点で事故にあったとします。
すると、あなたは警察の方に「こっちの信号は青であった」と説明しますが、相手側も「いや、こっちの信号が青だった」と説明します。 さて、どちらが正しい事を言っているのでしょうか?

周りに目撃者がいて、あなたが正しいと言ってくれれば、よいのでしょうが、人通りのすくない場所であった場合、そうはいかないでしょう。
このような場合、このドライブレコーダーがあれば、すべて を録画しているので、あなたの信号が青であったとわかることができます。また、相手側が当て逃げをした場合などにはちゃんと相手の車のナンバーも録画できているのですぐに相手を見つけることができ、事故原因の早期発見やトラブルの早期解決ができるのです。さらに、最近のドライブレコーダーは進化し、音声もちゃんと録音できるので、カメラが映しきれない車の側面に当てられた場合などちゃんと音声で確認ができます。

関連リンク

注目

     
        
WWW を検索
当サイトを検索
     
SEO [PR] ܂Ƃ߃[ Windows7 ₦΍ f ^T[o[ Cu`bg SEO