自分で車庫証明をとる

車庫証明は一般的にはディーラーや販売店の方が通常1万円位でとってくれるものと思いますが、実はこの車庫証明は自分で簡単に2,500円位の出費できるのです。
まずは、自分の駐車場がある地域を管轄する警察署に行き、車庫証明の以下の申請書一式を貰ってきてください。 記入をするには車検証に記載されている内容が必要なので、車検証か車検証の写しを販売店さんからあらかじめもらいましょう。
なお、お住まいの地域によってはこの申請書がインターネットでダウンロードできる場合があるので、お住まいの警察署のホームページからダウンロードしてください。

申請書の種類

① 自動車保管場所証明申請書(複写式)
② 保管場所標章交付申請書(複写式)
③ 所在図、配置図
④ 使用権限を明らかにする書面(自認書か使用承諾書)


次に、この申請書に必要事項を記入。
なお、車を自宅車庫に保管する場合は④の自認書を駐車場を借りる場合は使用承諾書に必要事項を記載してください。
記入内容はとっても簡単なのですぐ書けます。
記入したら警察署に2,500円位の印紙を貼って提出します。
およそ一週間くらいで車庫証明書が発行されるので警察署に取りにいってください。
以上が車庫証明書を自分でとる場合の手順です。
とっても簡単な上、約7~8千円も得するのでぜひやってみてください。

車庫証明が必要な時はいつか?

① 新規登録:新車・中古車を購入したとき
② 変更登録:住所などを変更するとき
  (使用本拠置の変更の場合)
③ 移転登録:所有者を変更するとき
  (使用本拠置の変更の場合)

保管場所はどこでもいいの?

① 車庫と使用本拠地とが距離が2kmを超えないこと
② 自動車を支障なく出入りさせ、その全体を収容できること
③ 自動車の保有者が、保管場所を使用する権限を有すること

        

関連リンク

注目

     
        
WWW を検索
当サイトを検索
     
SEO [PR] ܂Ƃ߃[ Windows7 ₦΍ f ^T[o[ Cu`bg SEO