自動車を高く、賢く売る方法

当サイトで多数の方が車の査定をされている実績があります!


売却までの流れ

 先日、あまり乗らなくなったため愛車を売りました。
 車検が近づいていたので、車検を通すか売るか迷いました。
 そこで、車の査定額を見て、車検を通すか、売却するか決定できると考えました。その時の模様と方法をお話します。

 相当に年数もいっていたため、高い値段で売れるとは正直思っていませんでした。しかし、長年乗ってきた車を少しでも評価(高い値段で買ってもらう)して欲しいという気持ちがありました。


 [ 査定手順 ]

1.車を売ろう!


 最初に車を売ろうと考えた方法は、「オークション」です。
「オークション」内での相場は充分に自分が納得できる値段の範囲でした。しかし、オークションはご存知のとおりトラブルが絶えません。名義変更がされていないために元の持ち主に翌年の自動車税通知が送られてくるなど・・・。そういったトラブルに巻き込まれるのは厄介なので車買取会社に売ることにしました。

 一般的に車買取会社の良いところは、売買契約書、名義変更などをしっかりしてくれ売却後のトラブルがないことです。また、会社によってはローンがあっても買い取ってくれたり、次の納車まで無料の代車も用意してくれる所もあります。
 また、下の表を見てもらってもわかるように車買取会社はお得が多数あります。

【 中古車買取業者とディーラー下取り比較表 】
中古車買取業者 ディーラー下取り
中古車相場により全国どの店舗で査定を受けても高い価格で買い取ってくれる。 店舗ごとに相場にバラツキがあるため高い価格で売却することは難しい。
オプションパーツもプラス査定をしてくれる。 自社車種以外の情報が少なく、社外オプションパーツの価値を見極めることが難しい。
全国のネットワークにより人気のある旬の車は高い価格で買ってくれる。 ディーラー販売エリアが限られていたりするため人気車種でもたまたま在庫があったりすると相場より低くなってしまうこともある。
中古車買取業者は全国ネットワークにより買取後すぐに売却できます。そのため在庫管理にかかる費用をカットできるため、その分を買取金額に反映できる 売却までの車をディーラに置いている期間が長いため保管コストがかかり、買取金額がの分少なくなってしまいます。


2.まずは査定申し込み


 いざ、車買取会社に売ろうと思い行ったことは、インターネットを利用して無料一括査定サービスに申し込みました。車の車種や走行距離、年式などの大まかな情報を入力すれば翌日中にはすべての会社から『メール』で査定価格が書かれて返っくるというとても簡単なものでした。しかし、ここでの査定価額はおおよそのもので実際には現物を見てみないと正確な価額はでないとのことです。


3.現車確認!



 返ってきたメールの中で査定見積もり価額の高い数社の会社に現物をみてもらうため、メールで都合の日付を返信しました。どこの会社も実際に買い取ってもらうかどうかにかかわらず「無料」で自宅まで出張査定をしてくれるので便利です。
もちろん売却が成立しなくても「無料」なので安心して依頼が出せます。

何社か出張査定をしてもらいましたが、ここからは実際に買い取ってもらった○○会社さんのお話をします。ちなみに他の会社も方法ほとんど同じです。

当日までに用意するもの
・車検証
・自動車賠償責任保険

 あとは査定にあたっては洗車をしておいた方が高く売れます。
意外と評価されるのが純正品。中には取り外した純正品がないと、減額になってしまう事もありますので、忘れずに用意しておく事をオススメします。

 当日、家で待っていると○○会社の人が来てくれました。
とりあえず、その方は車検証を確認、車をデジカメで撮りはじめました。その後、車検証に記載してある車種や年式、走行距離などをパソコンに入力し、その撮った写真とともに本社にパソコンで送っていました。
 どうやらその本社に買取相場のデータベースがあるらしく、それをもとに価格が決定するようです。数分するとその買取会社の人に電話があり、その価額を教えてもらいました。
 当初メールで見積もった価格と実際に現物をみて査定された価格とはどこの会社とも違っていました。そう低いのです。
 そのため、あらかじめ自分が納得いく価額を決めておいた方がいいでしょう。それ以下の場合は売らない!!と決心しておいたほうがいいです。そうでないと思いのほか低い価額を提示され、売るはめになってしまします。

 自分の車のアピールを伝えましたがあまり効果がありません。およそ本社で出された価額が決定されたもので動かすことが難しいのだろうと思いました。

 しかし、何社か査定した時に効果的だったのは「もう少し高い価格ならばすぐに売る!」と言うものでした。どこの会社もその方法でいくらか査定がアップしました。ちなみに買取会社の人もこの手法はどこの会社でも有効だとおっしゃっていました。

4.契約


査定価額に納得したら「契約」に入ります。
契約書を書くと後日までに用意しておくものを教えてくれます。

5.売却


契約時に教えてもらったもので用意しておくもの
・自動車税納税証明書
・印鑑証明書(役所にいけば300円位でもらえます)
・委任状(査定時にもらえる)
・譲渡証(査定時にもらえる)
・自動車税還付委任状
(査定時にもらえる。未経過分でも自動車税は売却時に返ってきません)
・実印(自動車購入時に作ってあるはず。印鑑登録をした印鑑のこと)
・振込口座(後日この口座に入金されます)


後日の売却時に以上の書類を用意しておきます。買取会社の人が家に来て、書類を確認したら、車が引き取られます。この時に買い取り会社の人より「車両受領証」が発行されます。

名義変更は買取会社の方で1ヶ月~2ヶ月前後で完了し、名義変更完了の通知連絡があるので覚えておいて下さい。

  

6.リサイクル料金もちゃんともらおう!

  

 中古車として売った場合、リサイクル料金が返還されます。中古車を売ったや販売店に下取りして貰った場合は、リサイクル券を次の所有者に渡し、リサイクル料金を受け取ってください。
一応売却時にリサイクル料は返ってくるんですよね?と一声かけておきましょう!
以下で、自分のリサイクル料金がいくらか確認できます。
  →自動車リサイクルシステム


7.「任意保険の中断」


 なお、以降しばらく経ってから車を購入する予定があり、車を売却時に任意保険の等級が7級以上の場合には、申請をすれば5年間は等級を保持できるしくみが保険会社の方であります。申請する方は13ヶ月以内にご自身名義の車検証のコピーと名義変更後の車検証のコピー(名義変更後に送られてきます)を売却時の保険会社に提出することで可能となります。

「5.の契約時」にこのしくみを使いたいと買取会社の人に伝えれば名義変更の完了とともに名義変更後の車検証のコピーを郵送してくれます。

また、任意保険会社の方には任意保険の解約時に「任意保険の中断」を行いたいと伝えれば必要書類を送ってくれます。

「等級が7等級以上で、今後5年以内に再度自動車を購入されるかたは中断された方がお得です。」
後日送られてくる「中断証明書」は自動車購入時に使用しますので絶対なくさないで下さい。

-コメント-

 実際に数社査定をお願いしましたが、価額はどこの会社もそう大差はないと思われます。およそ自分の納得のいく価額を決めたら売却を早く決めたほうが無難です。と言うのも、ちょうど1年前に同じ車を査定してもらった事があり、その時は10万円も高い値段で査定されました。1年でも経ってしまうと車としての価値は下がってしまうようです。

<一括申し込み>

お勧めの一括無料査定サイトです。
申請時にご住所の郵便番号を入力する場所があり、それにより買取店との距離を自動ではかってくれ、出張査定できない買取店舗は入力フォームの対象買取店から除かれていますので、ご住所地から離れている店舗があるからと言って気にする必要もありません。

尚、あらかじめ走行距離を調べ、手元に車検証を置いてやってください。
 


会社名特徴
ガリバー愛車無料査定
買取の価格のメールが来て、自分の車の価格がどのくらいか見ることができます。この価格を見て、実際に現地に来てもらって査定してもらって実際の価格を出してもらうか決める基準になるかと思います。








会社名特徴
ズバット車買取比較 郵便番号から査定可能なお近くの会社を自動的に選び出して査定をしてくれる。たくさんの会社から査定可能な会社のみ見積もりを出せるので比較も簡単です。
1日~2日するとメールで参考価額を知らせてくれます。








無料で簡単に愛車のお値段がわかりますので是非やってみてください。



関連リンク

SEO [PR] ܂Ƃ߃[ Windows7 ₦΍ f ^T[o[ Cu`bg SEO